中古車 下取り

中古車は下取りしては損をする!

 

中古車は下取りしては損をする!!・車の販売店は流通ルートが少ない!・販売する車の値引きに利用される!

 

 

あなたは車を売る際に、下取りに出してはいませんか?

 

中古車は下取りしては必ずをしますよ!
しかも、十万円以上は確実に・・・

 

 

理由の前に、下取りと買取の違いは知っていますか?

  • 下取りは、新しく車を購入する際に、販売店で買取ってもらうこと。
  • 買取は、中古車の買取る専門の業者が車を買取ること。

 

 

では、なぜ中古車を下取りしたら損をするのか?
新車のディーラーでも、中古車販売店でも営業目的は車を売ることです。

 

全てではありませんが、多くのお店はいかに多くの車を売るかを求めており、
下取りした車はオークションへ出品します。
オークションでは戦略もなく、価格は時の運に左右されてしまいます。
独自の販売ルートを持っていれば、運に任せずに流通させられますが、
販売目的のお店は流通させることに力を入れてはいないのです。
ですから、高く売れるかわからない必要としていない車は価値を低く見て、
下取り値段も低くなります。

 

これは例え人気のある車でも同じです。
もしも、そのお店で売れる車であれば話は別ですが、
店のコンセプトに合わない車は、いくら人気の車種であろうと高く下取りはしません!
人気があって希少価値が高い車なら喜んで買取しますが、
人気がある車は流通も多いので、高く売れる保証は無いので下取り額は慎重になります。

 

 

さらに、下取りする際には、車の購入の話を進めているはずです。
その際によくあるのが、値引き額とのバランスを取られること。

 

できる営業マンは、お客が値引きと下取りのどちらを重要視しているかを見抜きます。
そして、値引き額を下取り額へ振ったり、逆に下取り額を値引き額に上乗せしたりして、
うまくお得感が伝わるようにバランスを取ります。
相手は中古車販売のプロですから、そんなことは会話の中から簡単に見抜いてきます。
そして中古車の購入者にはいい買い物をしたと思わせるのが、本当に上手いんです。

 

こうなると下取り額が高く表示されていても、
実際には値引き額が低くなっているので、損をしていることになるのです。

 

 

ですから、車の購入の際に下取りをしてしまうと、下取り額が低いうえに
値引きに吸収されることもよくあることなので、大きく損をしてしまいます。
買取と比べると、平均十万円以上差があると言われているので、
今後は絶対に下取りに出すのは止めた方がいいですよ。

 

 

 

BACK | 1.中古車の価値
NEXT | 3.買取業者が高価買取する理由